普通科

理数特進コース

週6日制 男女共学

難関理数系大学へ進学

 
理掌特進コースについて 難関理数系大学進学が目標
本校らしさを活かした
実験授業を重視した学び

理数系科目に重点を置いたカリキュラムで、物理、化学・生物や工学実習では体験型の授業が充実しているのが特長です。本校が1世紀にわたって培ってきた工学の学びは理数科目の興味・関心に結びつきます。
また、実験・実習を通した体験学習で理論の裏づけを学ぶことで自ら考え問題解決していく力を養うことができます。併せて「発週6日制想力」「表現力」「洞察力」が身につきます。このコースは他の普通科の学校には決して真似のできない、本校らしさを追究した楽しい学びを実現しています。
理科だけでなく、英語、数学は特進コースと同レベルの授業内容と時間配当を確保して、少人数クラス編成の授業により受験学力が身につく指導をしています。国公立・難関理数系大学への進学を目指します。

3年生
髙城 栄紘さん

理系科目の学習が好き
興昧関心のある授業で毎日楽しく学習しています

幼いころに宇宙に興味を持ちました。宇宙のメカニズムや不思議な世界に思いを巡らせるととても楽しくなります。宇宙に関する書物を読んだりするうちに理系科目の勉強をしたいと思い始めました。
日駒の理数特進コースは、自分の好きな理系科目の授業が多い上に、普通科でありながら工学の基礎を学ぷことができる興味深いコースだと知り入学しました。
特進コースと合同の授業もあり、学校行事でも関りが多く刺激を受けています。今は宇宙工学が勉強できるような進路先を目指して頑張っています。

2017年卒業
東京農業大学進学 行松 卓哉 さん

卒業生の声 仲間の頑張る姿に刺激を受け、受験勉強に集中できた。

理数特進では、ほとんどの人が目標をしっかり決めていたので、将来のことを真面目に話し合える仲間が多かったです。そんな仲間と同じ環境で勉強に励んだからこそ、受験勉強にも集中して取り組むことができました。1人だと、どうしても勉強以外に気を取られてしまいますが、周りの仲間が頑張っている姿に刺激され、励まし合うことで、無事に合格を勝ち取ることができました。

カリキュラムの特徴

カリキュラム

クリックで別ウィンドウで開きます

特進コースと比較して数学と理科に重点をおいたカリキュラム編成となっているので1年次は2時間、2年次は3時間国語が少なく設定しています。特に理科では理論だけではなく実験を重視しており、振り子の実験や化合物の合成、動物の解剖実験など、物理・化学・生物の選択科目ごとに多くの発見ができる機会を設けています。また、1・2年次に工学系専門科目を3単位ずつ学べることも大きな特長の一つです。

  • 3年間の流れ

  • Q&A

資料請求はこちら