校長メッセージ

校長

校長

「高い自己目標の実現」と「楽しい学校生活」の調和をめざして

学校長の大塚勝之と申します。どうぞよろしくお願いします。
平成30年度の新入生は、普通科は261名、工学系は145名で、合計406名の入学生でした。
29年度入学生と比較すると、特進系コースは伸長し4クラス編成になりました。

私たちの学園は今年111周年を迎えます。その歴史の中で、私たちは生徒諸君が、
●「高い自己目標の実現」と「楽しい学校生活」の調和を目指すこと
●ひとにはできる限り優しく接することができる心、そしてどんな困難に出会ってもはねのける勁い心を育てること
 すなわち優しく勁い心
●学校のなかに落ち着くことができる自分自身の居場所があること

を長い間心がけてきました。これらは何よりもまず人柄を育むための私たちの学校の基本です。

学則変更を実施し、高等学校においては普通科を拡大し尚一層の進学成果を求めるために、ここ数年間新たな教育構想の検討を重ねてきました。 検討を進めるほど教育の根本はどこにあるのか、なにを芯に据えなくてはいけないか、心を新たにさせられます。どんな先進な教育を目指しても、教育内容の前に、教員の姿勢、向き合い方が肝心である。だから私たちの学校は“生徒諸君の良さを見いだし育み、教員はそれを懸命に応援していく、応援する先生も、そこにいる生徒もいつもイキイキしている”、それが溢れている学校でありたい、 と願っています。

“変わる日駒”に、ぜひご来校ください。一同でお待ちしています。

学校長 大塚 勝之