日駒Girls'ライフ

部活動や勉強に頑張っている日駒の女子生徒。
毎日笑顔にあふれた日駒ライフを送っています。
そんな日駒Girlsの日常をのぞいてみました。

日駒女子の紹介
日駒女子ここをクリックしてPDFを開こう!

入学を決めたきっかけ

吉村

私の兄がこの学校に通っていたので楽しい話をいろいろと聞いていました。先生方も優しいしカナダ留学もできるので、進学を決めました。実際、他の学校よりも男女の仲も良いと思います。

森谷

私は、他の高校の説明会の帰りにたまたま寄ったのがきっかけでした。パソコンの多さやものづくりの設備に圧倒されてしまいました。専門的な資格が取れることも魅力で、1年生のときに6個も資格を取りました。

授業について

吉村

電子黒板を利用することも多く、授業が効率良く受けられます。家庭科の調理実習は回数も多いし、オール電化なので快適です。献立にはデザートもあるので楽しみです。

森谷

専門分野の授業も、わかるまで先生が丁寧に教えてくれます。作業も女子の方が上手なときもあります。

お気に入りの場所について

吉村

天気が良い日の屋上が好きです。芝も生えているし風も感じられて、都会の中だってことを忘れちゃいます。あと、校内のスクールストアには指定の女子用靴下も売っているので助かります。

森谷

本当にトイレがすごい!新しくて明るいし、広いので女子によくある、休み時間に並ぶということはありません。鏡も大きいものが一面に張られているので、友達と服装チェックをしながらついつい話が弾んじゃいます。

優しい人に囲まれた、居心地のいい高校でした

Q:日駒は男子の割合が多いですが、どうでしたか?

男子はすっごく優しいです。女子が荷物とか持っていたら「運ぶよー」って手伝ってくれる。

この子は男勝りなところがあるので、男子が多い方が合っていたんでしょうね。

男女関係なく、クラスはみんな仲が良くて、すごくバランスがいい、居心地の良い場所でした。

Q:担任の先生はどうでしたか?

すごく話しやすいし、いろいろ話も聞いてくれるし、お父さんみたいな存在でした。

すごく愛情を持ってくれて、卒業式の時も泣いていましたね。卒業ビデオも何度も観ているらしいよ。

それは想像できないんだけど(笑)。でも、毎日本当に楽しかったです。

やりたいことをやれた、充実した3年間

Q:綿野さんはダンス愛好会を創設しましたが、苦労などはありましたか?

それはもう楽しかったです。自分から「やりたい!」って思って、チャレンジだったので。自分で考えてつくることができたのはいい経験になりました。

顧問や講師の先生を見つけたり仲間を増やしたりするのも全部一人でやっていて、部員同士のぶつかりをおさめたりと苦労していたようです。

終わってみたら本当にやってよかったなぁと思います。おかげで充実した高校生活を送れました。

Q:生徒会はどうでしたか?

いろんなことにチャレンジしたいなと思って生徒会に入ったんですが、やることもぶつかり合いも多くて大変でした。

高校2年生の文化祭の時は、ダンス愛好会やクラスでの出し物とかけもちで生徒会の業務をこなしていたので、そうとう忙しそうでした。良く乗り越えたなと思います。

でも、そういった苦労がなければ楽しくなかったと思います。やってよかったです。

日駒のおかげで志望大学に合格できました

Q:受験勉強で辛かったことや挫折したことはありますか?

それはもうしょっちゅうありました。

よく泣いてたし、落ち込んでは学校の先生に聞いてもらっていたようです。受験直前の時期には、先生から毎日課題をもらって、それをこなしていたよね。本当に毎日丁寧に教えてもらって、そのおかげで最後はグンと伸びました。

入試前は、毎日学校で先生がくれる課題をやっていました。センター試験の時も、「失敗した」と思ったら先生に電話をかけたりしていました。先生から元気をもらって、それで気持ちを切り替えて入試に挑めました。おかげで志望大学に無事合格できました。先生だけでなく、日駒全体に支えてもらって合格した気がします。
ホントに、感謝してもしきれないくらいです。

楽しく、仲良く、全力で頑張れる学校です

Q:「日駒はこんな学校だ!」っていうのを教えてください。

支えてくれる学校です!先生だけじゃなくて、クラスや部活動、生徒会の仲間に支えられて3年間を送ることができました。

いい先生方、いい仲間に恵まれていたと思います。娘がいた3年間だけでも、女子が増えてとても華やかになっているし、進学率も上がってきているので、これからがとても楽しみです。

全力で応援してくれる仲間と先生方がいて、いろんな人が集まって協力してくれてカタチになっていく…ということを数多く経験しました。私はそれがとても楽しかったです。