合格実績・進路指導

進学実績

過去4年間の進学実績(PDF)

大学進学支援センター

2015年4月にリニューアル

人生の礎となる大切な3年間をきめ細やかにサポートする大学進学支援センターを、2015年4月にリニューアルしました。 より設備を充実させ、教員やチューターによる指導で生徒の目標を叶えます。

大学進学支援センターでは4つの面から進学のための学習をサポート
一人ひとりを確実に目標大学に導きます

  • 進路・学習指導室

    受験勉強に励む生徒たちをサポートします。勉強の他に、受験期の過ごし方や不安を解消できるようアドバイスしています。

  • 自習室

    個人用のブースを複数設置し、静寂な空間の中で集中して学習を進めていける環境を整えました。生徒たちは時間を忘れて勉強に取り組んでいます。

  • 大学情報コーナー

    最新の大学情報、受験情報をそろえています。推薦入試などの面接対策から一般入試の学科試験対策まで、一人ひとりに対応した情報を提供します。

  • 東大生チューター

    近年進学実績が伸びてきている中で、更なる難関大学への合格をめざす生徒の質問や、進学相談に答えるために東大a生チューターが放課後に常駐しています。

Teacher’s Messege

大学進学支援室長 社会科 藤森 啓

厳しい時代の生き方を決めるプロセスの1つが大学受験です。学習は、目標達成のための手段という面もありますが、高校ではより深い追究をするのであり、おのずと深い興味をそそられるはずです。興味関心が持てれば、それが自分の得意分野になります。そうしたなかで、中学までは見えていなかった意外な能力を発見したりするものです。私たち教員も、みなさんの「よいところ」を探していきます。

キャリア教育

将来を見つめて、段階的に指導

1年次

適正を探る
  • 進路ガイダンス「職業について」

    昨今は厳しい就職難が続いています。これを乗り越えるために「職業とは何か」を考えるため「どのような職業があるのか」を紹介し、大学選択やいずれ直面する「就職」の礎を築きます。

  • 個人面談

    個人面談や三者面談をくり返し行い、進路選択の指導をします。卒業後の多様な進路希望に対応するため、生徒一人ひとりと、その目標達成に向けて親身になって一緒に考えていきます。

  • 進路適性診断(R-CAP)

    2年生から文理選択をするコースもあり、大学の学部・学科、専門学校選択のための良い資料になっています。気づいていなかった自分の興味や得意を発見できます。

2年次

進路を見据える

〈大学進学〉に向けてそれぞれの特性と志望を活かし、ていねいに、適切に指導

  • 国公立私立合同大学進路ガイダンス

    『夢ナビライブ』と呼ばれるイベントが夏休み直前に実施されます。大学教授によるミニ講義を選んで受講できます。大学進学へのモチベーションは一つ上のステージに上がっていきます。

  • オープンキャンパス

    2年生の夏に各大学のオープンキャンパスに参加するように指導しています。憧れの大学を早く見つけ、合格をめざして時間をかけ準備していきます。

    進路ガイダンス

    大学受験では、どのような準備が必要なのか。進学の目的は何なのか。生徒に対してだけでなく、保護者にも心構えと重要性を説明していきます。

  • 進路探求発表会

    生徒一人ひとりが事前に準備した資料をもとに「自分の進路」を発表します。パワーポイントなどを作成して発表することは、進路を見つめるばかりでなく、現在求められているコミュニケーション能力の育成にも役立っています。

3年次

将来への準備をする
  • 受験相談

    推薦入試やAO入試に対応した個人面談は夏休み前に実施し、受験校を決定していきます。一般入試を受験する生徒は夏から秋にかけ面談をくり返し、模擬試験の成績資料などを活用し、受験する大学・学部を決定していきます。

  • AO・推薦入試対策

    面接、小論文やプレゼンテーション能力などが重要になります。毎日の学校生活や社会現象に目を向け、自分の意見を持つことができるように、HRなどを利用して練習もしています。