普通科

特進コース

週6日制 男女共学

国公立、難関私立大学現役合格を実現

 
Student’s Interview 部活動と委員会活動で多くのことを経験しつつ、将来に向けて前進! 特進コース2年 宮尾 玲衣さん

硬式テニス部、放送委員会、中央委員会に所属し、友人や先輩と様々な経験を積んでいます。特に放送委員会での校内アナウンスや動画編集、体育祭の競技実況はとても刺激的です。私のクラスは勉強に対する意識の高い人が多く、毎日集中して授業に臨んでいます。行事に対しても一生懸命なので、今から文化祭が楽しみです。2年生になった今年からは文系と理系に分かれ、内容もより難しくなっていくので、自習室や東大生チューターを利用したいと思っています。私は近代文学に興味があり、文学部への進学を志望しています。今から多くの本を読んで知識を蓄え、大学でも楽しいキャンパスライフを送れるようコツコツ努力していきます。

数学科 小宮山 紘 先生

Teacher’s Message 信頼関係があるからこそ、生徒たちの力が伸びていく。

学力よりも人間力を伸ばしたいという方針の下、礼儀や生活習慣の指導と、クラスの協調を重視しています。時に厳しく叱り、時に楽しく笑い合い、こまめに面談を行って生徒の想いを共有しています。それらの指導により、生徒と担任、そして生徒同士の間に信頼感が生まれます。仲間と助け合いながら生き生きと楽しそうに勉強する姿こそ、特進コースだと思います。

2017年卒業
明治大学進学 山下 悠志 さん

卒業生の声 辛い受験を乗り越えられたのは、先生のサポートと居心地の良いクラスのおかげ。

私のクラスは少人数だったのでクラスに強い一体感がありました。苦しい受験の時期に居心地の良い場所があることは心強く、集中して勉強に取り組めました。また先生方も各教科のスペシャリストがそろっていて、普段の授業もとても分かりやすかったです。1・2年時は部活動と定期テストの勉強に集中していました。また、塾に通っていなかったので、長期休暇中の各教科の講習会はとてもありがたいものでした。おかげで受験勉強もしっかりできました。

カリキュラムの特徴

カリキュラム

クリックで別ウィンドウで開きます

3年次の文系αコースでは、数学を週4時間、理科を科目選択して週3時間学ぶことで、国公立・難関私立大学への進学をめざします。文系βコースでは理科を選択することはなく、上位の私立大学への進学をめざします。
理系2つのコースの違いは理科の学習時間数にあります。αコースでは2科目を週に5時間ずつ合計10時間学ぶことで国公立・難関私立大学への進学をめざし、βコースでは1科目を週9時間学び、上位の私立大学への進学をめざします。

  • 3年間の流れ

  • 主な実績校 過去3か年

    • 大学(学部 学科)
    • 東京工業大学(第7類)
    • 首都大学東京(都市環境学部 分子応用化学科)
    • 早稲田大学(商学部)
    • 立教大学(法学部 法学科)
資料請求はこちら