6月11日(日)国民体育大会東京都予選が竹早高校にて開催されました。この大会が実質3年生の最後の大会となります。

 

予選グループ:高輪,調布南,豊島学院,松原,日工大駒場

 

グループ内で2試合行い,その勝ち点,セット率,得点率で上位2チームが決勝戦。それに勝ったチームが予選グループを突破し,2日目のトーナメントへ進出します。

 

第1試合 対 高輪高校 セットカウント0-2で敗北

強豪校との第1試合でしたが,正直言って勝機はありました。スパイク,ブロックがうまくハマり,7点差をひっくり返した場面もありましたが要所でのミスと力負けする場面が重なり惜敗。選手は終始声を出して相当な気合が入っていたため,この敗北は堪えていたようです。

 

第2試合 対 調布南高校 セットカウント2-1で勝利

選手は気持ちを入れ替えて,気合を入れ直して臨みました。しかし第1セットを落とし,このまま1セットも取れずに最後の大会を終えてしまうのかと誰もが落胆しかけたセット間のインターバル。その後観た2セットは,全員が声を出し,頭を使い,連携を図り,これまでやってきたこと,今できることを100%出し切った最高のバレーボールでした。大逆転勝利!

 

1勝1敗の2位通過に一縷の望みをかけましたが,結果は得セット数の関係で無念の4位。第2試合の盛り上がりと格好良さは,顧問,後輩,御父兄の誰しもを「もっと彼らの試合を観たい」と思わせてくれるものだっただけに非常に残念でした。

 

3年生の皆さん,3年間お疲れ様,そしてありがとう!6人の中で経験者は1人,あの素人集団がこんな素晴らしい試合を観せてくれるなんて…感動しました。君たちが強くなろうと励んだ部の統率,考案した取り組みはしっかりと後輩に継承されていると思います。仲良し6人,友情とバレーボールをいつまでも大切にしてください。

 

今日から新生バレーボール部がスタートします。ご期待ください!