全国中学生レスリング選手権大会1日目本校より6名の選手が出場し全員が一回戦を突破しました。

2日目には、第1シードの選手が2名、1回戦から勝ち上がった選手が2名、計4名が残り準々決勝を戦いました。 4マットで同時に行われた試合は、我が校の選手が3マットに上がっているという喜ばしい場面も見られました。

その中で1名の選手が3位となり、銅メダルを獲得! 彼にとって、全国大会でのメダルは初めてです。『強くなろう』と意識高く練習に取り組み、頑張ってきた努力が実ったように思います。 この結果は、日々練習を共にしている仲間にとっても励みになることでしょう。悔し涙を流した選手も、『次は自分が!』とこの経験を糧にして奮起してくれることを期待しています。

楽しむことも忘れず、その中でもしっかりと練習に取り組むという我がレスリング部のスタイルを続けこれからも頑張ります!!